So-net無料ブログ作成
検索選択

ShINCワークショップ 「ワインを飲みながら、ニュートンの写真集見ませんか?」 [写真]

120922-shincSeminor.jpg


ShINCのワークショップ。「ワインを飲みながらニュートンの写真集見ませんか?」に参加してきました。
いつもながらに、素晴らしい写真の数々を見ることが出来るだけでなく、中目黒 アートバードブックス加藤氏作成の”マインドツリー”で写真家の生涯をたどりながら、写真家が「なぜ写真を撮るようになったのか?なぜそういう写真が生まれるのか?」という点に踏み込んだ解説がとても面白いワークショップです。
ワークショップでニュートンの写真を見ていたら、見覚えのある景色を発見。それは、コルビュジェ最期の場所となった、カップマルタンの海。

彼はここで1965年8月27日、午前11時過ぎに海水浴中に命を落としました。

051024-cap_martin.jpg


多くの画家も南仏の太陽にあこがれ、地中海を目指しましたが、彼も同じ考えだったのか、このカップマルタンの地に通うようになり、その後知り合いになった食堂の主人から譲り受けた小さな土地の上に、自らの別荘(休暇小屋)を建てます。これは、この地からわずか数キロしか離れていない街、マントン出身である妻イヴォンヌへの誕生日プレゼントであったとも言われています。

実はこの場所を訪れた時は、この休暇小屋の存在はおろか、コルビュジェさえ名前しか知りませんでした。この写真の右上の山の上部、Mont Agel(モン・アジェル)にあるパラグライダーのTake off pointに行った後、Landing pointとなっているビーチへと向かう時にまったく偶然に通りがかったのです。他の建物と違い、一見すると物置か?と思うほど小さなその建物にちょっとだけ興味は持ったものの、そのまま素通り。後にそれがコルビュジェの休暇小屋だったと判明し、見ておけばよかったと非常に後悔しました。(ただし、内部を見学するには、自治体の事務所にて予約が必要)

最寄駅であるカップマルタン駅は、隣駅のきらびやかなモンテカルロ駅とは対照的に、無人駅でとてもさびしい印象。それでも海辺の静かなこの村はとても素敵な場所で、確かに住んでみたくなる場所だと思いました。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。